トレーニング内容(2018.2.24-3.2)

ジャパンクラシックパワーリフティング選手権が終わってから2週間でベンチプレスを再開し1週間以上が経過

大会後は色々とリセットして見つめなおす事が出来る時期ですので、のんびりと方向性を考えていました

スクワットとデッドリフトはもうしばらく休んで負傷中の左脚を回復させている段階です

 

 
 
 
 
エナスキンジャパンのアンバサダー就任
ハリー着用モデル・ベンチプレスの怪我防止に!3月31日まで15%オフセール中

 

 

ベンチプレス

2018.2.24(土) day1
ノーリミッツ

100キロ10レップ10セット

 

2018.2.25(日) day2
ハリージム

105キロ10レップ10セット

 

2018.2.28(水) day3
ハリージム

110キロ10レップ10セット

 

2018.2.29(木) day4
ハリージム

115キロ10レップ8セット

 

シンプルに10レップの複数セットで進行しております
オフシーズンなのでハイレップを選択し徐々に体重を増やして今回サイクルでは94キロ台で安定させつつ、筋肉量も増やしていければと思います

最終的には180キロ10レップ辺りをゴールにして、頻度は週3から週4推移させる予定です

過去にはハイレップ高頻度での練習で小胸筋(胸の外側)を負傷してベンチプレスが出来なくなった事があります
具体的には腕立て伏せの腕を伸ばした初期姿勢すら痛みで出来ない状態です

小胸筋を痛めると最低でも2週間はベンチプレスが出来なくなってしまうので、決して痛めないようケアを定期的に行っていきたいところです

ハリージムには4万円で購入した低周波治療器があり、これで電気を用いた鍼治療はもちろんの事、粘着性パットを使用したお手軽ケアも可能になってます

 

ベンチプレスの後は小胸筋や肩、肘をしっかりケアを行い、怪我でサイクルが終了する事の無いように注意します

 

次回出場する大会予定

まだ予定なので確定ではありませんが、秋に開催される東京都ベンチプレス選手権(ノーギア)に出場しようと考えています

階級は一時的に競技歴初の105キロ級におじゃまします

シングルベンチプレスに出場する理由としては、翌年1月に大阪で開催されるジャパンクラシックベンチプレス選手権を視野に入れてますので、その前段階・実践的な練習としての出場です
(使用される機材もブルで同じだと予測してます)

個人的にも減量が一切無い状態でどこまでベンチプレスが挙がるのか非常に興味がありますので、今から毎月1キロペースで無理なく体重を増やしつつベンチプレスを強化していきます

大会出場する頃には98キロくらいで推移しているのが理想です
ベンチプレスシーズンが終わったら93キロ級に戻すので、減量が大変にならないように二桁体重は絶対にキープさせます

ハリーの場合あまり食欲が無いので体重を増やすのがなかなか難しく、油断すると直ぐに93キロ台に戻ってしまうので、様々なサプリメントを活用して体重を増やしていく予定です

気に入った記事は是非シェアしてください!

コメントを残す