200kg成功!鎌倉ベンチプレス大会に出場

9月22日(日)は11年ぶりに鎌倉ベンチプレス大会に出場しました

この大会は非公式でありながら、毎年数多くの選手が参加している地域に根差した大会です

 

非公式ではありますが、試合ルールは公式大会順守で皆さんベテランの審判員の方々が試技を裁定します

公式大会と異なる点は、検量時間が朝一に一斉である事と、83キロを超える階級は超級としてひとまとめになる点です
(本来、検量時間は試技開始2時間前)

鎌倉ベンチプレス大会の出場をキッカケに、公式大会に出場する選手も決して少なくはありません

何を隠そう、ハリーさんもその1人でありました

この大会で試合の感覚を学び、公式パワーリフティング大会の出場に繋げました

今回は鎌倉ベンチプレス大会に向けて実施したピーキングや、大会当日について振り返っていきたいと思います

 

 

 

行ったピーキングメニュー

特別な記載が無ければストップベンチプレスになります

 

day1
120-5
120-5
120-5

 

day2
125-5
125-5
125-5
125-5
132.5-3

 

day3
132.5-5
132.5-5
132.5-5
132.5-5
140-3

 

day4
140-5
140-5
140-5
145-3

ハイレップ
105-20
105-20

 

day5
145-5
145-5
145-5
150-3

ハイレップ
110-20
110-20

 

day6
145-5
150-5
150-5
150-5

ハイレップ
120-20
120-20

 

day7
155-5
155-5
160-2
160-2

ハイレップ
125-20

 

day8
160-5
165-5
170-3
180-1

ハイレップ
130-20

 

day9
170-5
172.5-3
185-1

ハイレップ
135-20

 

day10
190-1
175-4

 

day11
195-1
180-3
170-4

 

day12
197.5-1
182.5-2

 

day13
200-1
202.5-1

 

day14
160-1

 

ピーキング内容の解説

このサイクルではストップ170キロ5レップを行う事が第一目標でしたが、まずはその目標をday9にてしっかりクリアしました

day10からは本格的に1レップメインに切り替え、day12まで2.5キロ刻みで197.5キロまで成功

実質最終日であるday13では、まず200キロを成功
そのままチャレンジで202.5キロに成功し、大会2-3日前のday14では最終アップ160キロまでを行いコンディショニング調整

サイクル中盤まで5レップにてしっかり自力強化を行い、その後のピーキングも上手くいきました

 

大会当日

出場する階級は83キロ超級であったので、基本的に何キロでも体重はOKでしたが、可能な限り93キロに近づけたいと思ってました

ピーキング中は93キロ台から94キロ前半で推移させ、かるーく調整して大会当日の検量体重は93.2キロ
実戦に近い階級になったのでまずまずです

 

・第1試技180キロ 成功

非常に軽く挙がりピークが来ていると確信
第2試技は200キロと決めておりましたので、チャレンジに向けて勢いを付ける事が出来ました

 

・第2試技200キロ 成功

目標としていた200キロを無事に成功
挙がりはピーキングの時よりはスムーズに挙げられましたので、粘る事での体力消耗を最小限にする事が出来ました

 

・第3試技205キロ 失敗

暫定1位を狙い205キロを申請しラックアップはまさかの軽い
これはチャンスあるか?と思いましたが、半分以上は挙がらずに跳ね返されました

205キロは当面の目標になりそうです

 

階級別では2位となりましたが、体重比ではハリーさんが上回っておりましたので、最優秀選手を獲得する事が出来ました

 

大会のYouTube動画

毎年恒例、試技前にネタを披露する選手も複数名おり、バッチリとカメラに収める事に成功しました

 

鎌倉ベンチプレス大会を終えて

毎年運営側として参加しておりますが、今大会は引き続き運営をお手伝いしつつ選手としてガチ参加させていただきました

原点であるこの大会に成長した自分自身が改めて参加し、大会の盛り上げに一役買えた事は本当に良かったです

来年も参加するかは現時点では分かりかねますが、フリーな時期なので引き続き選手として参加したいと思っております

その時には210キロくらい挙がれば良いですね(願望)

 

気に入った記事は是非シェアしてください!

コメントを残す