スクワットでシーズンベスト達成

2019年9月末から10月末に掛けて行ったスクワットサイクルを振り返っていきたいと思います

スクワットは2019ジャパンクラシックパワーリフティング大会が終了してから、初めてのローバー&数年ぶりにいつもよりスタンスを広くする事で、スクワットの数値向上が見られました
(といってもスタンスは今までが狭すぎたのでそれ程は広くない)

大会後のデータとして250キロ3レップ、240キロ5レップを行った事が最高値ですので、このラインを越えていく事をテーマにしました

まずは5レップの記録を5キロ伸ばして245キロにするという事が目標ですね

 

 

トレーニング内容

2019.9.25(水) week1

180-5
180-5
180-5

ストップ
160-5

 

2019.10.2(水) week2

195-5
195-5
195-5
207.5-3

ストップ
185-5

 

2019.10.9(水) week3

205-5
220-5
235-3

ストップ
220-5

 

2019.10.16(水) week4

235-5
245-5(サイクル目標達成)

ストップ
230-4(5レップ目潰れ)

 

2019.10.22(火) week5

250-4(250キロの回数ベスト)
240-6(2019年のシーズンベスト)

 

サイクルを振り返る

ポイントになったのはweek3でしょうか
本来であれば205キロがメインセットで、翌週に行う220キロは3レップまでに抑えていく予定でした

しかし、あまりにも205キロが軽かった為、今回は筋力のピークがいつもより早めに来そうだと判断し、week4で行う予定の220キロ5レップまで実施
ここで1週間分、重量が加速しました

そして迎えたweek4は本来week5で行う235キロ5レップがメインセット
これがまたしても余裕があったので、そのまま次のセットで更に1週加速させ、サイクル目標である245キロ5レップを成功させる事が出来ました

week5では更に5キロアップで250キロがメインセット
出来れば5レップを狙いところでしたが、結果は4レップ
とは言っても250キロは全体重帯にて今まで3レップが最高でしたので、4レップでも記録更新となります

大会での270キロ成功が見えてきましたでしょうか

最後は締めの240キロ、シーズンベストである6レップを成功し飛躍的に数値を伸ばす事に成功しました
(この時より体重が2キロ以上重い時は240キロ7レップがベストなので、ゆくゆくはこのラインも狙っていきたいです)

 

今回サイクルのYouTube動画

 

次回サイクルの方向性について

今回は5レップの基準値を240キロから245キロに、4レップの基準値を250キロにする事が出来ました

ですので、果敢に250キロ5レップを狙っていこうかと思います
week5では250キロ4レップを挙げる事が出来ましたが、100%のピークが来ているとは言えない状況でした

正直、250キロ5レップは最高の仕上がり状態でないと上手くいかない事でしょう
どのタイミングで自分自身にピークが来るのかしっかり見極め、柔軟な姿勢で対応していきたいと思います

 

予定としては以下の形でサイクルが進行していきます

①180-5
②200-5
③217.5-5
④235-5
⑤250

最近はデッドリフトも含め、今までより早くピークが来ているので、駆け足で進めていくショートサイクルを採用しています
5週しかありませんので、1セット毎の精度を高めて成功に繋げていきたいです

 

気に入った記事は是非シェアしてください!

コメントを残す