人生初のノーベルトスクワットサイクルで超強くなった件

皆さんこんにちは
出場予定の3月開催・ジャパンクラシックパワーも中止になり、新型コロ助の影響で大変な日々を過ごされていたかと思います

ハリーとしても、世間の情勢を鑑みてハリーブログをお休みしておりました
(100%サボっていただけ)

いわゆる自粛期間中はハリージムで各種目を行っておりましたが、特段ベンチプレスとデッドリフトは良い進捗は無く、ハリーブログ化するのは控えておこうかと思います
(作業量を減らしていくスタイル)

ただ、スクワットに関しては、補助種目の一環として普段一切行わなかったノーベルトスクワットを中心に実施したところ、思わぬ進捗となりましたので、今回は人生初のノーベルトサイクルについてお話していこうと思います

 

 

 

サイクル内容について

特別な記載が無い限りは全てノーベルトスクワット

week1
ハリージム

170-8
180-8
180-8

week2
ハリージム

190-8
190-8
190-8

week3
ハリージム

200-8
200-8
ベルト有200-8

week4
ハリージム

205-8
205-8
ベルト有205-8

week5
ハリージム

210-8
ベルト有210-8

week6
ハリージム

215-8
ベルト有220-8

week7
ハリージム

220-8
ベルト有230-8

week8
ノーリミッツ

225-8
ベルト有240-7

week9
ノーリミッツ

ベルト有240-7(8レップ目潰れ)

 

サイクルを振り返る

改めて人生初のメインがノーベルトサイクル
いつものサイクルでは1カ月程度のショートサイクルをガンガン回していくスタンスですが、自粛期間中で6月まではハリージムでのスクワットを強いられましたので、急いで回しても仕方ないと思い、200キロ超えたタイミングから、相当慎重な上げ幅である5キロ刻みでコツコツ増やしていきました

元々、ノーベルトでどのくらい出来るか全く検討がついておらず、目標値が定めにくい状況でのスタートでしたので、5キロ刻みのコツコツサイクルは結果として安全に進める事が出来た一因になっていたのではないでしょうか

ハリーTwitterのツイートを確認すると、210キロ8レップを過ぎたあたりから、『ノーベルト辛すぎもう限界が近い!』とやたらフォロワーに辛さをアピールしている光景が目立ちましたが、結果として225キロ8レップが若干の余裕を残して出来た事から、本当に大げさなリフターだと我ながら思った次第です
(出力が徐々に上がってきたというのもあるでしょうか)

前述した通り、結果として225キロ8レップがノーベルトで行えて、非常に満足いくサイクルとなりました

 

ベルト有自己ベストへの挑戦、そして大怪我

今回サイクルではノーベルトをメインで行いつつ、適時ベルトを装着してダウンセットの実施を行っておりました

サイクル後半であるweek7では、ノーベルト220キロ8レップの後にベルト有で230キロ8レップが出来ましたが、ハリーのベルト有ベストは235キロ8レップ&240キロ7レップ

疲労がある状態でこの数値に近い部分まで挙げられるようになっており、ノーベルトスクワットを実施した2ヶ月間で相当スクワットが強化されている事が分かります

しかも、ベルト有のベストを出した時は2015年で、今よりも体重が遥かに重く97キロから98キロで推移したと思います
今回サイクルでは94キロから95キロ前半までで体重をキープしていたので、この点からも単純に良い状態だと判断出来ます

自粛明けの久々ノーリミッツで行ったweek8では、ノーベルト225キロ8レップの後にチャレンジセットでベルト有自己ベストになる240キロ8レップを狙うもタイ記録の7レップ

この後にデッドリフトを160キロ6レップ3セットを行った事で、腰の疲労が極限値に到達し数日違和感が残りましたが、再度240キロ8レップを狙ったweek9では、7レップ目挙上時にぎっくり腰手前状態になり、怪我発症に伴いサイクルは完全終了となりました

この怪我で、しばらくは日常生活でも腰に強い痛みが生じてしまい、無理をするんじゃなかったと後悔に苛まれました

 

ノーベルトサイクルを2ヶ月行った感想

ノーベルトは当然ながら常に怪我のリスクとの戦いになりますので、ベルト有状態よりも細心の注意をはらって動作を行う必要があります

その為、特に足裏の感覚が非常に向上し、その結果としてフォーム全体の向上に繋がりつつ、体幹部の強化にも繋がりました

スクワットで鍛えた体幹は、当然スクワットで最も効果を発揮しますので、サイクルが進むごとにどんどんスクワットが上手くなっていく感覚を得る事が出来ました

ただ、見えない疲労はかなり生じていたのは間違いなく、定期的なケアを行っていた事と、デッドリフトを組み込む無理なメニュー構成により、week9でのハリービックバンを発生させてしまいました

この出来事に関しては、今後ケアに力を入れつつメニューをより冷静に構築する事で、再発防止を徹底したいと思います

 

YouTubeサイクル動画

今回はweek8までの動画と、week9でのハリービックバン動画の2本に分けてアップロードしました

いわゆる、ゆっくり実況形式に完全移行させましたので、動画の特色が大幅に変更となりましたが、概ね良い意見が多いようです

 

【week8のノーベルト225キロ8レップまで】

 

【week9の腰大怪我スクワット】

 

 

次のサイクルについて

2サイクル連続でノーベルトスクワットをメインにする事としました
違いとしては、前回は8レップメインであったの対して、今回は更にレップを増やした10レップでの実施です

目的としては、秋東京大会があれば出場しようとも思ってましたが、開催されない事が決まり一先ず年明けのジャパンクラシックパワーまで時間があるので、オフシーズンとしてハイレップで自力を底上げしようというのが狙いです

当面の目標はノーベルトで220キロ10レップという、ベルト有でも行った事が無い数値を狙っていきます

気に入った記事は是非シェアしてください!

コメントを残す