激戦!2017ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会93kg級

日本パワーリフティング界の日本一を決める大会が、毎年おおよそ2月に開されるジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会

この大会での勝利が国内パワーリフターにおいて最高の名誉となる為、多くの選手が優勝目指して凌ぎを削っています

ハリーは93kg級で優勝を狙って日々努力を行っています

 

 

特にハイレベルだった2017年

ハリーは8大会連続で出場しているのでよく分かるのですが、2017年大会は最も93キロ級のレベルが高く、非常に盛り上がりを見せました

今までトータル700キロを同時に上回ったのが2名なのですが、今回はその倍の4名が上回るという内容

全階級で最も優勝争いが熾烈化し、デッドリフト第2~3試技に掛けて目まぐるしい順位変更が起こりました

 

エントリー選手紹介

エントリーが出た時にまず最初にパワーリフティング界が盛り上がります

あの選手がいるいない、誰が勝つ負ける、といったように、話題が絶えることはありません

 

  • ハリー

わたくしです

ここ4年の大会ではトータル690-710で推移しており、710は十分に優勝が狙える記録ですが最近はいまいち届きません

毎年優勝候補として名前を上げていただきますが、怪我で不振が続いてます

 

  • 落合 広樹

栃木の星、元気の良い試技が印象的です

2012年大会のジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会でハリーがパーソナルベスト710を出した時に相当の差がありました

しかし、ハリーの成長が止まってる間に急激に力を付けてその差は僅差に

ノーリミッツのパーソナルトレーニングも定期的に受けており、日々成長している選手です

 

  • 西川 洋介

千葉の星、ハリーがまだ83kg級にいた頃、93kg級の頂点に君臨していたベテラン選手です

270オーバーのスクワット、290オーバーのデッドリフトが強烈で、自己ベストは700越え

2016年大会のジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会ではハリーが690にたいして685キロと非常に僅差でした

お互い700を越える自己ベストを出しながら怪我で低迷しているのが共通点なので、お会いした際には怪我トークに花が咲きます

 

  • 重岡 慧 

なんと1試合目でトータル700を記録

日本パワーリフティング界に激震が走りました

3種目バランスの良い構成で特にデッドリフト290を大会で成功させているので、すさまじいパワーです

接点が無く情報がいまいち入らない状態が続きましたが、突如Twitterに参戦
こうしてハリーと彼との交流が始まりました

 

  • 宇佐美 清孝

愛知県が誇る往年の名リフター

40代後半の大ベテランで過去にフルギアパワーリフティングの日本一を決める全日本パワーリフティング選手権大会で、日本トップリフターとして知られる小早川渉選手に勝利し、数度の優勝を果たしています

40歳以上が出場するマスターズクラシックパワーでの優勝を皮切りに、地元愛知県開催のジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会にエントリー

全盛期はノーギア旧82.5kg級で692.5キロを記録したと言えば、宇佐美選手のスゴさが理解出来ると思います

 

大会前の下馬評

ハリーと落合選手による優勝争いがトータル700-710付近で行われるという意見が多かったです

西川選手は怪我の影響でスクワットとデッドリフトに影響があり3位前後

エントリー記録が700で1位の重岡選手はダークホースながら、2試合目が全日本規模の大会という試合経験の少なさと、700を記録した地方大会よりもデッドリフトが挙がりにくいシャフトがジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会で使用される事から700を割ってしまうのではないか

宇佐美選手においては、全盛期のパワーはとんでもない数字ですが、まだジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会で優勝するレベルには戻ってない、といった下馬評でした

 

ハリーの作戦

大会前に行うピーキングの前にプレピーキングを実施

年末年始の段階では以下の数字を挙げてました

・スクワット250

・ベンチプレス195

・デッドリフト250

・トータル695

 

 

ここからもう一回り数字を増やす為に最終ピーキングを行います

スクワット255

・ベンチプレス197.5

・デッドリフト252.5

・トータル705

 

 

上手くプレピーキングからトータル10キロ増やす事が出来ました

ここまでは順調ですが、落合選手も同程度ピーキングで扱っている事がインスタグラムから把握していたので、どのように展開すれば落合選手に勝利出来るか、様々なパターンを予めシミュレーションしました

 

サブトータルで40kg差が付けばほぼハリーの勝ち
 
30kg差で五分五分
 
20kg差で勝率20%という目安でしたので、とにかくどれだけスクワットとベンチプレスで引き離せるかが重要でした

スクワット

  1. 西川選手275
  2. ハリー252.5
  3. 落合選手250
  4. 重岡選手240
  5. 宇佐美選手237.5
 
スクワット1位の西川選手は260-270-275と3本取り
怪我の影響で数字が落ち込むと軽率な判断をしたのは一体だれでしょうか
大きく2位以下を引き離しました
 
ハリーは240-×252.5-252.5
プレピーキングから一切潰れてないスクワットでしたが、第2試技でバランスを崩した事で切り返せませんでした
なんとな第3試技で立て直すも、ここでの失敗が今後大きく影響する事になります
調子的には自己ベストになる257.5-260は狙えたかなという感じで、仕上がりは上々
 
落合選手
227.5-242.5-250
正直、どんなに挙げても245と予想していました
インスタグラムでは250を完全に潰れていたのでさすがに挙げてこないと
本来ここで大きく差を付けなければハリーの勝利は無いにも関わらずその差は2.5kg
非常にやばいです
 
重岡選手
220-×230-240
山口大会と同等の240
これはハリーの予測通りでした
重岡選手はここで240挙げないと優勝争いから遠退いてしまうので、第2試技230失敗から10キロジャンプで見事に成功
 
宇佐美選手
225-×237.5-237.5
第2試技はしゃがみの浅さで失敗も、それでも237.5まで数字を残してきました
正直、この段階でハリー自身とセコンド陣営は宇佐美選手をマークから外してましたが、それは大きなミスとなることなります
 

ベンチプレス

  1. ハリー197.5
  2. 宇佐美180
  3. 落合180
  4. 重岡175
  5. 西川142.5
 
ここではハリーの独壇場
得意のベンチプレスを180-192.5-197.5と綺麗な3本取りで一気に差を付けました
 
宇佐美選手も165-175-180と3本
全盛期はもっとベンチプレスを挙げてましたが、バランスよくトータルを伸ばしてきてます
 
落合選手はピーキング同等の180成功
かなり調子良さそうです
 

サブトータル

  1. ハリー450
  2. 落合430
  3. 宇佐美417.5
  4. 西川417.5
  5. 重岡415
 
サブトータル1位は最初から分かってました
問題なのがどれだけ差を付ける事が出来たかですが、落合選手との差は僅か20
 
これはハリーが事前に想定した敗戦濃厚ラインです
そもそも落合選手が出したサブトータル430は、事前に想定していた落合選手の最高値
 
ハリーがデッドリフトでピーキングを上回る255を挙げても落合選手は275でハリーに勝てます
デッドリフトで270以上は最低でも挙げる実力があるので、非常に追い込まれました
 
しかし、ここで大変な事態が起きていることに気づきます
 
サブトータル417.5の宇佐美選手、西川選手は落合選手を上回るデッドリフター
二人はデッドリフト282.5キロでトータル700に届きます
 
この段階でこの4人がトータル700-710の範囲で争う事が分かり、凄まじいプレッシャーに襲われました
 
重岡選手はデッドリフト285でトータル700でしたが、体調不良を起こしてダウンしていた事と、山口大会で290を成功した時よりもシャフトの条件が悪くなるので、優勝争いからは脱落した感が漂っていました
 
 
 

デッドリフト第1試技

 
全員がスムーズに成功し、順位が大きく変動する事になります(約1名)
 
現時点でのトータル
  1. 落合687.5
  2. 宇佐美682.5
  3. 西川687.5
  4. 重岡680
  5. ハリー680
 
ご覧の通りハリーの順位が一気に下がりましたが、第1試技は最終アップ扱い
第2試技から本格的にエンジンをかけていきます
 
 

デッドリフト第2試技

  •  ハリー250成功
トータルを700に乗せ暫定1位に
まだ挙上に余裕がありますが、確実に5キロアップの255を申請しトータル705狙いとしました
 
  • 落合選手272.5成功
トータルを702.5としてハリーを上回る暫定1位
体重がハリーの方が重いので255を成功してトータル705にしても、落合選手は275成功で体重差705で勝利
と、なるはずですが、トータルを705に合わせてしまうと、更にデッドリフトが強く体重が少ない宇佐美選手、西川選手が705に合わせてくるだけです
つまり落合選手はハリーに勝つ事を考えて動くと敗北の未来が待っています
その為、落合選手は最終試技を280に申請(成功でトータル710)
  
  • 西川選手282.5成功
トータル700に乗せ、ハリーより体重が軽いので暫定2位、ハリーは3位になりました。
 
  • 宇佐美選手282.5成功
西川選手同様にトータル700に乗せ、西川選手より体重が軽いので暫定2位
昔からファーストプルでとても重そうに挙げるのですが、そのように第1~第3試技まで挙げるので限界ラインが全く分かりません
  • 重岡選手285失敗
体調不良と山口大会とのシャフトの違いから、引ききれずに失敗
トータル700に乗せられず680のまま最終試技を迎えます
ここで重岡選手は優勝争いから脱落しました
 
 

第2試技終了時の順位

  1. 落合702.5
  2. 宇佐美700
  3. 西川700
  4. ハリー700
  5. 重岡680
 
 

最終試技

 
  • ハリー255成功
無事にトータル705とし暫定4位から暫定1位になりました
ここで失敗すると4位以下が確定していたので、非常に重要な試技でした
 
  • 落合選手280失敗
後ろから試技を見ていたハリーはほぼ引ききったように見えましたが、前から見ると肩が返ってなく失敗
トータル702.5の暫定2位
ハリーと落合選手の一騎打ちであれば、ほぼ間違いなくハリーが負けていたと思いますが、後に控えている選手の数字も考えなければならなかった落合選手は、非常に難しい試合となりこのような結果となりました
 
  • 重岡選手285失敗
今回は引ききったのですが、バーベルが挙上中に下がり失敗判定
なんとしてもトータル700に乗せるという気迫を感じましたが、重岡選手にとっての初の全国大会はこうして終了しトータル680
 
  • 西川選手287.5失敗
成功で暫定1位となりましたが、これは膝から引く事が出来ず
昨年同様に5キロ差でハリーが勝利する事になりました
トータル700で暫定4位
 
  • 宇佐美選手287.5成功
ファーストプルで殆ど浮かずハリーの勝利と思いきや、そこから驚異の粘りでじわりじわりと挙がりフィニッシュ
宇佐美選手の劇的な逆転デッドリフトで地元優勝を飾りました
 
 

最終順位とまとめ

  1. 宇佐美705
  2. ハリー705
  3. 落合702.5
  4. 西川700
  5. 古川680(ジュニアカテゴリーの為に別セッション)
  6. 重岡680
 
こうしてトータル700を4人が上回るという史上最高のレベルの高さを見せたジャパンクラシックパワー93㎏級
ハリーにとってはピーキングと同じトータルが出来たので調子は良かったと思います
なにより、スクワットの失敗が痛すぎました
ここで5-7.5㎏上乗せ出来れば、もう少し楽な試合展開になったかもしれません
 
次回の沖縄開催でのジャパンクラシックパワーこそは優勝出来るように頑張っていきたいと思います
引き続き、応援宜しくお願いします
 
 

YouTube

今回の激戦の模様は以下のリンクからYouTubeで視聴可能です
是非ともご覧ください

気に入った記事は是非シェアしてください!

コメントを残す